[テサラン/汗疱]手汗を止めて手湿疹を改善する方法

サイトマップ
  1. [テサラン/汗疱]手汗を止めて手湿疹を改善する3つのポイント
  2. [テサラン/汗疱]手汗を止めて手湿疹を改善する3つのポイント
    1. テサランで汗疱改善のポイント:手汗が出る前に予防できる
    2. テサランで汗疱改善のポイント:塩化アルミニウム・パラベン不使用
    3. テサランで汗疱改善のポイント:保湿効果で肌を守る
  3. [テサラン/汗疱]異汗性湿疹の症状と原因:手のひらにぶつぶつや水泡・痒みが出る
    1. 汗疱/異汗性湿疹の症状:主婦湿疹との違い
    2. 汗疱/異汗性湿疹の原因:多汗症で手汗をかく
    3. 汗疱/異汗性湿疹の原因:金属アレルギー
  4. [テサラン/汗疱]手汗を止めて手湿疹を予防する成分・保湿効果のある成分
    1. テサラン/手汗を止める効果のある成分:クロルヒドロキシアルミニウム
    2. テサラン/保湿効果のある成分:ツボクサエキス
    3. テサラン/保湿効果のある成分:オウゴンエキス
    4. テサラン/保湿効果のある成分:天然ビタミンE
    5. テサラン/保湿効果のある成分:カンゾウエキス
  5. [テサラン/汗疱]ケア方法について・自宅でできる汗疱の予防
    1. 汗疱のケア予防:シャンプーや石鹸・台所洗剤を切り替える
    2. 汗疱のケア予防:綿手袋や保冷剤などの予防アイテムを活用する
    3. 汗疱のケア予防:食べ物に気をつける
    4. 汗疱のケア予防:お酒を飲みすぎていませんか
  6. [テサラン/汗疱]異汗性湿疹の治し方や治療方法
    1. 汗疱の治療:亜鉛華軟膏の塗り方や効果
    2. 汗疱の治療:ステロイド剤の効果と副作用
    3. 汗疱の治療:ビオチンによる治療

[テサラン/汗疱]手汗を止めて手湿疹を改善する3つのポイント

テサランで汗疱を改善する3つのポイント

 

 

[テサラン/汗疱]手汗を止めて手湿疹を改善する3つのポイント

テサランが汗疱改善に役立つ理由や、汗疱のケア方法について紹介します。

多汗症を伴う汗疱について、現代の医学ではハッキリとした原因は分かっておらず、治療法も確立されていません。

手のひらや指にブツブツと水泡ができ、痒くて痛くて潰れると見た目も気持ち悪いし、汗疱は本当に辛いですよね。ひどくなるとお箸も持てなかったり、シャンプーをする時には手袋が必要だったり。。。

病院や皮膚科を何件回っても、テンプレートのようにステロイドを処方するだけの医師も多く絶望しそうになってしまいます。

完治したと思っても再発を繰り返し、なぜ治らないのかと暗澹とした気持ちになっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、汗疱は上手にケアして付き合うことが出来れば症状が劇的に改善する可能性があります。テサランはその一助としておすすめなので、成分や効果について詳しく説明していきます。

 

 

テサランで汗疱改善のポイント:手汗が出る前に予防できる

テサランは手汗が出る前に止めてくれる

テサランが汗疱改善に役立つ理由の一つが、手汗が出る前に予防できるところです。

汗疱の原因には複数の要因が指摘されていますが、その一つとして多汗症との相関が認められています。

また、汗を多くかく梅雨〜夏の時期にかけて症状が出る人が多いことも特徴です。

手のひらにできる水泡には汗が詰まっているという説もありますが、実際には汗の貯留ではなく、分泌された汗が刺激になってしまうという説があります。

つまり、汗疱の症状を予防するためには手汗が出ないよう止める事が非常に大切なのです。

テサランは一日に何度か塗り直すだけで簡単に手汗が出るのを防ぎ、手をさらさらの状態に保ってくれます。手汗に30年以上悩んだ開発者が生み出した商品だけに、その効果もお墨付きです。

 

 

テサランで汗疱改善のポイント:塩化アルミニウム・パラベン不使用

テサランは塩化アルミニウム不使用で肌に優しい

テサランは塩化アルミニウムとパラベンが一切不使用です。塩化アルミニウムは外国製の制汗剤などによく使用されていますが、非常に刺激が強い成分です。

手に少しでも傷があるとものすごく沁みて痛いので、病院で処方されない限り避けるべきです。

また、汗疱の原因の一つとしてアレルギー性皮膚炎が指摘されています。普通の人にとってはなんでもないゴム手袋や化粧品に含まれるパラベンなどに触れると刺激となり、アレルギー反応を起こしてしまうのです。

テサランは塩化アルミニウム・パラベンともに不使用です。また、その他にも刺激になると言われている石油系界面活性剤や無鉱物油、合成着色料などを使用せず、肌に優しい天然成分を採用しています。

これなら肌が弱い人でも安心して使うことができますね。

 

 

テサランで汗疱改善のポイント:保湿効果で肌を守る

テサラン 保湿効果のある成分

汗疱になりやすい人は、日頃からしっかりと保湿を行い、手の皮膚を保護することが大切です。通常の皮膚はセラミド、天然保湿成分、皮脂の膜によってバリア機能が働いています。

手の皮膚は皮脂腺が少ないため皮脂がほとんどなく、皮膚のバリア機能は主にセラミドに依存しています。

しかし、それだけでは日常的な水仕事や石鹸で皮膚が荒れやすく、肌が弱い人ほど保湿ケアで保護してあげる事が必要です。

テサランは手汗を止めるだけでなく、保湿のサポートもしてくれる作用があります。テサランには防菌や保湿に優れた天然エキスを厳選してふんだんに配合されています。

そのため、肌に負担をかけずに優しく守ってくれるのです。

 

 

[テサラン/汗疱]異汗性湿疹の症状と原因:手のひらにぶつぶつや水泡・痒みが出る

汗疱で荒れてしまった右手

汗疱とは別名を異汗性湿疹といいます。夏になると手のひらや足の裏に小さなプツプツができ始め、数日たつと痒くなり徐々に目立ってきます。

ひどくなると赤くじくじくした水泡になり、潰れて皮がむけると手の皮膚がぼろぼろになってしまいます。1ヶ月程度で自然に治ることが多いですが、数ヶ月や1年ごとに繰り返し再発することが特徴です。

現代の医学では異汗性湿疹の原因は明確には解明されていません。しかし、大きく分けると原因は「体内」と「体外」にそれぞれあると言われています。

「体内」の原因はストレスや金属アレルギーや特定の薬剤へのアレルギー・睡眠不足など、「体外」の原因には多汗症との関連や化粧品・ゴム手袋による刺激などが指摘されています。

手から排出された汗も皮膚への刺激になってしまうため、汗疱を予防するには手汗を止めることが大切です。

 

 

汗疱/異汗性湿疹の症状:主婦湿疹との違い

異汗性湿疹としばしば混同される症状に主婦湿疹があります。主婦湿疹は女性に限らず、よく水仕事をする美容師や飲食業の人がかかりやすい症状です。また、紙をたくさん扱う銀行業のような仕事に就いている人にも見られます。

原因は皮膚表面の皮脂が減少して肌のバリア機能が失われてしまう事で、肌のひび割れを伴う「乾燥型」と痒みのある水泡や湿疹を伴う「湿潤型」に分かれます。

異汗性湿疹とよく似た症状ですが、異汗性湿疹の場合は水仕事をしない人にもあらわれ、手だけなはなく足にもできる点などが異なります。

病院では異汗性湿疹の場合でも主婦湿疹として処理され、様子を見てくださいと言われて終わってしまうことも少なくありません。そのため、症状が改善しない場合はセカンドオピニオンを求め、原因となっている因子を可能な限り特定して除去するべきです。

 

汗疱/異汗性湿疹の原因:多汗症で手汗をかく

汗疱の原因は様々な説が唱えられていますが、その中でも多く指摘されているのが多汗症との相関です。

汗疱の症状は多汗症を伴うことが多く、夏場に高温多湿の環境で発症しやすいことから、汗が関係していると言われているのです。

水虫とは異なり、ウィルス性の病気ではないため、人と接触してもうつることはありません。病院で検査を行えば水虫と見分けることが可能です。

手のひらにできる水泡の中身は汗だと思われがちですが、必ずしもそうではありません。多汗症により過剰に排出された汗が刺激となってアレルギー反応を起こしている可能性もあると言われているのです。

そのため、汗疱を予防するにはなるべく汗をかかないようにすることが大切です。

 

汗疱/異汗性湿疹の原因:金属アレルギー

異汗性湿疹の体内の原因としては、金属アレルギーが指摘されています。手のひらや足の裏は汗腺が密に分布し、しかも汗に含まれる金属濃度が高い部位とされています。

このことは手のひらや裏や足の裏に汗疱状湿疹が多発することと関連があると考えられます。

汗の中に金属が溶け出してしまう理由としては、食べ物や歯の詰め物が関係しています。日頃からニッケルやクロムを多く含む食品を多く食べていたり、歯科治療で銀歯になったりすると知らずしらずのうちに体内に金属イオンが取り込まれ、汗と一緒に排出されてしまうのです。

汗疱がなかなか治らない時は金属アレルギーの可能性も考えられます。特定の金属に対してアレルギーの有無を確認するためには、皮膚科でパッチテストを受けましょう。

 

 

[テサラン/汗疱]手汗を止めて手湿疹を予防する成分・保湿効果のある成分

テサランの天然成分をイメージしたハーブ

テサランに含まれる成分のうち、汗疱の予防や改善に役立つのは手汗を止めるクロルヒドロキシアルミニウムと厳選された天然保湿成分です。

汗疱の予防には「体外」と「体内」両面からのアプローチが可能です。このうち、テサランが役立つのは体の外側からの予防です。

汗疱ができやすい人の多くに当てはまる特徴は、皮膚が弱くアレルギー体質だという事です。だからこそ炎症を防ぐためには、皮膚への刺激因子をなるべく排除する事と、手を保護する事が大切です。

テサランの成分はこのどちらに対しても効果が期待できます。クロルヒドロキシアルミニウムが刺激の元となる手汗を止め、天然保湿成分によって皮膚のバリア機能を高めてくれるのです。

これらの有効成分について、詳しく紹介していきます。

 

 

テサラン/手汗を止める効果のある成分:クロルヒドロキシアルミニウム

テサランは手汗対策専用クリームです。テサランに含まれる成分の中で、制汗効果があるのがクロルヒドロキシアルミニウムです。

クロルヒドロキシアルミニウムの水溶液を手に塗ると、一度乾燥した状態になりますが、手汗が出て水分を吸収するとゲル状に変化し、汗腺の出口を塞いで手汗を止めると言われています。

アメリカではクロルヒドロキシアルミニウムを配合した制汗剤についての調査結果があり、平均すると30〜50%の発汗量を抑えてくれると報告されています。

汗疱(異汗性湿疹)の症状を持つ人の多くは、多汗症に悩んでいます。医師の中にも汗疱と多汗症の関連性を指摘する声は多く、汗疱を予防するためには手汗対策のケアが欠かせません。

皮膚への刺激を避け、肌を清潔に保つためにもテサランで手汗を予防しましょう。

 

テサラン/保湿効果のある成分:ツボクサエキス

テサランには、複数の天然由来成分が含まれていおり、荒れやすい肌を優しく保湿してくれます。そのうちの一つがツボクサエキスです。

ツボクサエキスは植物の<ツボクサ>から抽出した成分で、<アジアチコサイド>という有効成分を含んでいます。

人の皮膚は紫外線などの刺激を受けると、皮膚にある天然保湿成分のセラミドが分解されてしまいます。その理由は、外的な刺激によってセラミドを分解する「セラミダーゼ」という酵素が活性化してしまうからです。

アジアチコサイドは「セラミダーゼ」の働きを抑える事でセラミドが減少するのを防いでくれます。また、コラーゲン合成促進作用があるので、内側から角質層のバリア機能を立て直す修復効果があります。さらに、炎症を抑える効果も。

ツボクサエキスはこれらの働きにより肌を整え、潤いを与えて守ってくれるのです。

 

テサラン/保湿効果のある成分:オウゴンエキス

オウゴンエキスは乾燥させたコガネヤナギの根(オウゴン)から抽出されます。

コガネヤナギは主に東アジア、シベリアに分布する多年草です。そこから採れるオウゴンは古くから用いられ、現代でも有効性や安全性の基準を満たした漢方生薬として広く利用されています。

オウゴンにはフラボノイド系物質であるバイカリン・バイカレンが含まれ、保湿効果だけでなく抗菌作用や肌の収れん作用、炎症やアレルギーを抑える作用があります。

アレルギー性もほとんどない事が確認されており、肌に優しい成分です。

 

テサラン/保湿効果のある成分:天然ビタミンE

ビタミンEには天然(d体)と合成(dℓ体)の2つのタイプがあります。このうち天然ビタミンEはさらにいくつかのタイプに分けられ、大豆や菜種などの植物油から抽出・生成されます。

天然ビタミンEの中でも効力が高いのが、アルファ型の(d-α-トコフェロール)と呼ばれるタイプのものです。

天然ビタミンEには水分と油分をバランスよく補給してくれる保湿作用に加え、抗酸化作用、抗炎症作用、血流促進作用があります。

そのため、天然ビタミンEを配合したハンドクリームには血行の改善や、冷え対策の効果が期待できます。テサランに含まれるのも天然ビタミンEです。

また、これは余談ですがしもやけになりやすい人などはビタミンEを配合したハンドクリームがおすすめです。

 

テサラン/保湿効果のある成分:カンゾウエキス

カンゾウは古くからヨーロッパで用いられてきたハーブで、そのエキスはカンゾウの根又は根茎から抽出されます。

カンゾウエキスにはグリチルリチンやフラボノイドが豊富に含まれ、昔から広く化粧品の原料として利用されています。

グリチルリチンには肌の水分と油分のバランスを整えて保湿し、乾燥によるザラつきやキメの乱れを抑えてくれる作用があります。

また、優れた抗炎症作用があり、外部の刺激から肌を守ってくれます。そのため、カンゾウエキスは保湿効果と抗炎症効果を合せもつ成分としてアトピー性皮膚炎の治療分野でも注目されています。

カンゾウエキスはバランスが崩れがちな肌を整え、なめらかに導いてくれる効果が期待できます。

 

 

[テサラン/汗疱]ケア方法について・自宅でできる汗疱の予防

汗疱が改善した手の画像

汗疱は再発しやすい病気です。治ったと思っても数ヶ月後や季節ごとに繰り返し現れます。治療法も確立されていないため、完治する事はありません。

しかし、原因を理解して一つずつ取り除いていけば症状は改善します。コツが分かれば上手に付き合っていく事も不可能ではありません。

汗疱のケアには「予防」と「治療」があります。汗疱を予防するためには、自分にとってのアレルギーの因子を特定し、生活の中から排除することです。

汗疱の原因となりうるアレルギー因子として、金属アレルギーやゴムアレルギー、化粧品に含まれるパラベンなどへのアレルギーがあると言われています。

必ずしも明確に分かるとは限りませんが、まずは病院でパッチテストを受けて自分に上記のようなアレルギーがないか確認しましょう。

また、テサランで手汗を止めるだけでなく、シャンプーや石鹸も低刺激の製品に切り替えたり、食生活に気を配ることも大切です。

 

 

汗疱のケア予防:シャンプーや石鹸・台所洗剤を切り替える

汗疱の原因になりうる因子として、シャンプーや石鹸、台所洗剤や衣料用洗剤に含まれる「界面活性剤」による刺激が考えられます。

平成11年度に厚生労働省によって行われた調査によると、家庭用品が原因と思われる皮膚障害に関する報告のうち、原因の第1位は洗剤でした。

しかし、界面活性剤はそれ自体が体に悪いわけではありません。界面活性剤は自然界にも存在しており、マヨネーズなどの食品にも含まれています。たくさんの種類があるので、低刺激のタイプを選べば肌の弱い人でも安心して使えます。

界面活性剤の中で洗浄力が穏やかなのは、「アミノ酸系」や「両性イオン系」といったタイプです。反対に避けるべきなのは「石油系界面活性剤」と呼ばれるものです。

特にシャンプーは何を選べばいいのか分からないという人も多いと思いますが、ポイントは界面活性剤の違いです。

一つおすすめを挙げるなら、自身もアトピーに悩んだ”かずのすけさん”というコスメ化学の専門家がプロデュースしているシャンプーは肌に優しく低刺激なのでおすすめですよ。

 

参考:平成11年度家庭用品に係る健康被害病院報告(要旨)

 

汗疱のケア予防:綿手袋や保冷剤などの予防アイテムを活用する

ゴム手袋への接触刺激は、汗疱の原因になる可能性があります。そのため、水仕事をするときなどは直接ゴム手袋をはめず、綿手袋で蒸れないように手を保護する事が大切です。

また、汗疱のぷつぷつが出来はじめの頃、どうしても痒くて掻いてしまう事はあると思います。引っ掻いて潰せば悪化させると分かっていても、我慢できるものではありません。

そんな時は保冷剤にタオルなどを巻いて手首に当てるのがおすすめです。皮膚には温度刺激を感知するセンサーがあり、通常は42〜43℃以上になると痒みのスイッチが入ります。

そのため、痒みが強い時にお風呂に入ったりして体温をあげるとますます辛くなってしまいます。

逆に、皮膚の温度が下がれば痒みはかなり緩和されます。コストもかからず簡単なので、おすすめの方法です。

 

汗疱のケア予防:食べ物に気をつける

汗疱を予防するためには、食べ物にも気をつけるようにしてみましょう。特に金属アレルギーがあると分かっている人はニッケル、クロムなどの金属を食事で過剰に摂取していないか見直すべきです。

例えば、一般的にニッケルやクロムが多い食品には次のようなものが挙げられます。1日の必要量はニッケルが50〜80μg、クロムが10μgとされています。

 

食品名ニッケルクロム可食部100gあたりの含有量 μg
きび精白粒220μg
そば玄穀190μg、そば米210μg
小麦胚芽140μg
大豆520μg、納豆320μg
お茶抹茶740μg、煎茶650μg、紅茶480μg
チョコレートニッケル:スイート260μg、クロム:21mg
ひじき26mg
ワカメ10mg

参考:全身型金属アレルギーの食事指導ー愛媛生協病院

 

また、歯科治療に使われた歯の詰め物や骨折時に使用されたボルトなどの金属イオンが溶け出し、アレルギー反応を起こしているケースもあるとされています。

いずれにせよ、パッチテストを受ける事で自分がどの種類の金属類にアレルギーを持っているのか知る事が可能です。

なお、夏は汗をかきやすく正確なパッチテストの結果が出にくいため、それ以外の時期を選ぶ事も大切です。

 

汗疱のケア予防:お酒を飲みすぎていませんか

汗疱には様々な原因の可能性があり、手汗や金属アレルギーの他にもストレス、喫煙、薬剤アレルギー(アスピリン、経口避妊薬)などが指摘されています。

飲酒については100以上の病院や医療機関のサイトを調べた結果、汗疱との直接的な関連性を指摘する記述は見つかりませんでした。

しかし、汗疱になりやすい人はお酒の飲みすぎは控えた方が無難です。その理由は、大量に飲酒をすると体内の「ビオチン」というビタミンが消費され、不足してしまうからです。

体内でビオチンが不足すると皮膚の炎症が起こりやすくなると言われています。汗疱に悩む人は、お酒はほどほどにしておきましょう。

 

喫煙や大量の飲酒は体内でそれらを消費するのに大量のビオチンが使われ、皮膚や骨を作る部分に回らなくなり効果がなくなるので控えた方がいいです。

引用元:ヒフ科クリニックいつみ

 

 

[テサラン/汗疱]異汗性湿疹の治し方や治療方法

ビオチン(ビタミンB7)療法で汗疱が改善するケースもある
汗疱や異汗性湿疹の治療法は確立されていません。しかし、対症療法的にですが、悪化してしまった場合に早治す方法は存在します。

病院では一般的にステロイドが処方される事が多いですが、傷や炎症の治りを早める亜鉛華軟膏も非常に効果的です。亜鉛華軟膏は病院で処方してもらうほか、ネット通販でも手軽に購入する事ができます。

また、医学的に十分検証されてはいないものの、体の中で不足している栄養素を補うビオチン療法を長期的に継続する事で汗疱が改善したという声は多いです。これらの治療法について紹介します。

 

 

汗疱の治療:亜鉛華軟膏の塗り方や効果

亜鉛華軟膏は炎症を抑えて皮膚を保護し、治癒能力を引き出す軟膏です。また、水泡が潰れると浸出液がたくさん出ますが、亜鉛華軟膏を塗る事で浸出液を抑え、化膿した箇所を乾かす効果があります。

汗疱状湿疹がジュクジュクになってしまったり、亀裂がある時は亜鉛華軟膏の出番です。

カットしたガーゼに亜鉛華軟膏を厚く塗って患部に貼り、上から包帯やテープを巻きましょう。こうする事で患部を保護するだけでなく、密閉されて薬の効きがよくなります。

また、痒みが強い箇所にはステロイドを塗り、上から亜鉛華軟膏を重ね塗りすると治りが早くなります。

亜鉛華軟膏は病院で処方してもらう事もできますが、ネットで購入する事も可能です。

 

参考:【第3類医薬品】亜鉛華軟膏 50g | 小堺製薬 | – Amazon

 

汗疱の治療:ステロイド剤の効果と副作用

汗疱や異汗性湿疹で病院にかかると、まずはステロイドを処方される場合が多いです。しかし、その事に対して不安や疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

ステロイドは副腎皮質ホルモンの1つで、炎症を抑える効果がある軟膏です。汗疱の症状が出ている箇所に塗ると一気に落ち着きますが、一見治ったように見えてもしばらく塗り続けなければいけません。

また、強いステロイドを使い続けていると副作用のリスクが付いて回ります。皮膚が薄くなってしまったり、免疫系統を抑えるため塗布していた患部がカビや細菌にかかりやすくなる恐れもあります。

ステロイドでは根本的に汗疱を直す事はできないにも関わらず、どんどん薬が強くなっていく事は心理的にかなりの負担です。

症状が出る時はステロイドに頼らざるを得ないのですが、汗疱の根本的な原因を探す事も諦めずに取り組んでいく事が大切です。

 

汗疱の治療:ビオチンによる治療

ビオチンは体内で作られるビタミンの一種(ビタミンB7、ビタミンH)です。ビオチンは皮膚や粘膜の維持に深く関わっており、不足するとアトピー性皮膚炎や脱毛などの症状が現れます。

ビオチン療法とは、不足した栄養を補う治療法です。ビオチンを内服する事で免疫力を整えて皮膚炎症を起こりにくくする狙いがあり、アトピーや掌蹠膿疱症の治療に用いられます。

現代の医学では汗疱の原因は不明です。色々試したけど、どうにも治らなくて困っているという方も多いかもしれません。

汗疱や異汗性湿疹とビオチンの不足について、医学的にきちんと相関関係が立証されているわけではありません。しかし、サプリでビオチンやビタミンC、ミヤリサンを摂取するようになって汗疱が改善したとの声も多いです。

体質による相性もありますが、ビオチンはひと瓶あたり1,000円以下で購入できるので少し長い目で見ながら試してみるのもアリだと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました